2017年4月24日

You are here:  / いつでもなれる!通信教育で教員免許を取る

いつでもなれる!通信教育で教員免許を取る

教員になるのに遅いということはない

教員になるというのに遅いということはありません。確かに教員になるためにはまずは大学に通わなければいけませんね。しかし大学に通うとなったら、時間もかかりますし、労力も費やさなければいけません。今の時代、教員になるために大学に直接通わず、通信大学でも教員免許の取得が可能であるということを知っていますか?通信大学であれば、わざわざ大学に通う必要がなく、仕事しながらでも十分に教員免許の取得が可能なのです。

通信制の大学で教員免許を取るためには

通信制の大学で教員免許を取得することが可能ですが、それまでの学歴によって通うべき通信大学のコースも違ってくるということに気を付けておきましょう。たとえば、4年制大学を卒業している人は正科・課程履修生というコースになりますが、高校卒業が最終学歴の場合は正科生1年次に入学するということになります。これは要するに、4年制大学を卒業している者の方が高卒者よりもより短い期間で教員免許を取得することもできるということなのです。

教員免許の取得に年齢制限はない

通信制大学はどんな人でも入学することができます。そのあたりは一般の大学と一緒ですね。同じように、教員免許の取得にも年齢制限というものはないのです。意外と誤解されていることですが、免許の取得自体はどんなに年を重ねていたとしてもできるのです。ただ、都道府県によっては公立学校の教員採用試験には年齢制限が設けられていることがあります。教員免許をとっても採用試験を受けられないということはあるので、このあたり注意しておきましょう。

公立の学校における教員募集は新卒採用だけでなく、中途採用も行われており、社会人経験があるということもアピールになる場合もあります。