2019年1月22日

You are here:  / ファイナンシャルプランナーの相談業務のポイント

ファイナンシャルプランナーの相談業務のポイント

ファイナンシャルプランナーの業務の種類は?

ファイナンシャルプランナーという職業は一昔前に比較すればだいぶ浸透してきたのではないでしょうか。お金の専門家として活躍しているプランナーも増えてきましたので、将来はファイナンシャルプランナーになろうと考えている人もいるかもしれません。主な業務は、お金に関する相談業務ですが、人によっては執筆の仕事をしている人もいますし、講師の仕事をしている人もいます。いずれにしても、それぞれの場所でお金の専門知識を活かして活躍しているでしょう。

相談業務はどのように進めるか?

ファイナンシャルプランナーが相談業務を行う場合には、まず顧客に信頼されることが必要です。そのために、自分の資格や経歴、業務分野をしっかりと説明することも大事ですし、最初の段階で不安を取り除くためにも今後どういったステップと時間軸で相談が進んでいくのかを説明する必要もあるでしょう。また、どれぐらいお金がかかるのかについても、最初の段階でしっかり開示をすることが大切です。さらに、個人情報の保護に関してもポリシーの説明が必要になるでしょう。

相談業務を行う上でのポイントとは?

実際の相談業務がスタートしたら、注意すべきポイントは顧客の声に耳を傾けることと言われています。お金に関する知識があればあるほど、顧客に対して伝えたいことがたくさん出てくるでしょう。しかし、そこはぐっとこらえて顧客にたくさん話をしてもらうことが大切です。そうすることによって、最終的に作りあげる提案内容のレベルも上がりますし、顧客からの信頼を得ることにも繋がっていくでしょう。相談業務の最も大切なポイントは話を聞くことといっても過言ではないかもしれません。

cfpの資格試験は参考書や過去問対策をする事が最適ですので、評判の高い本を1冊か2冊選ぶと良いでしょう。