2019年10月19日

You are here:  / ドラマで人気のあの職業も!憧れの狭き門。心理職への道!

ドラマで人気のあの職業も!憧れの狭き門。心理職への道!

憧れの科捜研!~科学捜査研究所~

公務員の中に存在する「心理職」と呼ばれる職業。合格率5%未満といわれる超難関試験が必須ですが、いずれも心理学に関連する試験科目が含まれる為、大学や大学院で心理学を専攻することになります。ドラマ等でよく見かける科学捜査研究所、いわゆる「科捜研」で心理鑑定を行う研究員もその「心理職」のひとつ。各都道府県警察本部に設置されている研究所では、犯罪心理の研究や、ドラマさながら実際に罪を犯した容疑者の供述の真偽をポリグラフ等を用いて心理鑑定したりします。さらにその「科捜研」の上を行くのが、科学警察研究所、いわゆる「科警研」。採用人数が極めて少なく、なんと倍率は100倍なんて噂も。国家公務員1種に分類される超エリート集団です。

少年犯罪と向き合う~法務教官・法務技官~

近年ますます大きな問題となってきている少年犯罪。少年院や少年鑑別所に勤務し、犯罪を犯してしまった少年たちと向き合い、更生を促し、再度世の中に送り出すという極めて重要な職業に、法務教官や法務技官といったものがあります。そして、法務教官や法務技官になる試験にも、心理学の専攻が必須となります。法務教官として少年院に勤務した場合は、収容された少年の生活指導や矯正教育を行っていくこととなります。また、少年鑑別所に勤務した場合は、犯罪を犯してしまった少年たちが裁判にて審判を受けるまで、彼らの心の安定を図り、改善の余地を探っていくという、非常に難しい業務にあたることになります。法務教官の募集は毎年実施されており、こちらも合格率5%という超難関です。また、法務技官が作成する「鑑別結果通知書」は、家庭裁判所での審判やのちの少年院などでの指導に活用されるなど、人の一生を左右しかねない極めて肝要な業務にあたる可能性もあります。法務技官は欠員状況をもとに募集される為、毎年募集があるとは限りません。

心のお医者さん~臨床心理士・カウンセラー~

病院での心理職、臨床心理士、カウンセラーになる場合も、心理学はもちろん必要。臨床心理士指定大学院を修了し、受験資格を得て初めて、臨床心理士資格の試験を受けることが出来ます。心療内科や小児科などで、直接患者さんの心理相談に応じる臨床心理士。現在では、HIV患者やがん患者への支援や身体疾患をもっている方々への心理ケア等、活躍の場はどんどん広がっています。また、臨床心理士は、資格取得後も5年毎に資格更新審査が行われるなど、能力の維持発展のために、研修や研究が義務付けられています。いかがでしたか?憧れの「心理職」は世の中になくてはならない、とっても意味のある職業。簡単にはなれそうもないですが、目指しているだけで、相当カッコいいですね!

心理学の大学は、主に総合大学の学部の1つとして置かれていることが多いです。大学によっては、文学部や教育学部や福祉学部などの学科の1つとして置かれているところもあります。