2019年10月19日

You are here:  / 接客業で必要なマナーとは?3つの基本について

接客業で必要なマナーとは?3つの基本について

接客マナーには挨拶が基本!

飲食業やショップ、また営業職など接客が必要となる仕事はとても沢山あります。基本的な接客マナーを知らないと相手を怒られてしまったり、また恥をかいてしまう事にもなりかねないのです。基本的な接客マナーの1つに挨拶があります。これは当たり前だと思った人も多いと思いますが、しっかりと出来ていない人も実際には多いのですよ。お客様が来店したら大きな声ではっきりと「いらっしゃいませ」などと笑顔で挨拶する事が大切なのです。

清潔感を大切にしよう

接客業は多くの人の前で仕事をするので、相手に良い印象を与える必要があります。そのためには身だしなみや清潔感はとても重要なのです。髪の毛がぼさぼさであったり、女性であればノーメイクやまた逆に濃すぎるメイクは悪い印象を与えてしまう事にもなります。また男性であればひげや鼻毛、また服装もよれよれであったり汚れていては接客されている方も嫌な気分になってしまうでしょう。清潔感がある人に接客された方がやはり気分も良く、また売上などにもつながっていくのです。

言葉使いに注意しよう

接客マナーの基本の最後ですが、言葉使いもとても大切です。自分がショッピングに行った時や、食事に行った時など店員さんに友達のような馴れ馴れしい言葉使いをされてしまっては気分を害してしまうでしょう。高級な店になればなるほど言葉使いもしっかりと気にしなければいけないのです。営業職であれば大切な取引先を逃してしまう恐れもあるのです。このように接客マナーの基本を押さえておくことが相手に好印象を与えて、売り上げや契約に結びつけることもできるようになるのです。

勤務し始めてから、勤務時間や休暇の日数・福利厚生などが、当初の会社の説明と違っていたことでトラブルにならないように、雇用されたらすぐに就業規則を書面で確認することが大切です。