2017年4月24日

You are here:  / 英語力評価!ビジネス英語資格で高スコアを取ろう

英語力評価!ビジネス英語資格で高スコアを取ろう

ビジネス英語が主体の試験

英語力を測るための試験として、ビジネス英語を主体となっている資格試験があります。高いスコアを持っていると就職活動の時の武器になったり、社内での人事評価に繋がります。企業で働く人で高いスコアを持っている人は、海外ブランチでの職を手にするチャンスが得られますよ。社員へ受験を推奨していたり、一定レベルのスコアを取得するよう義務付けているところもあります。高スコアを持っていると海外留学や大学入試での英語試験免除になるケースもあるんですよ。

リーディングのスキルを上げるには

ビジネス英語が主体の試験では、出される試験内容もビジネス関係のものが多くなっています。リーディングのパートでは、履歴書、企業の広告、企画書が出題されて、内容に合致している選択肢を選ぶ問題が出題されます。他にも、空欄補充や文法試験も出題されます。これらの問題でも文章の内容も企業活動に関するものとなっています。リーディングのパートで高スコアを取るには、ビジネスによく使われるフレーズや単語を習得しておくことがカギとなるでしょう。

リスニングのスキルを上げるには

リスニングのパートでも、ビジネスのシーンを想定した会話やスピーチが出題されます。リスニングのパートでもリーディングと同様に、ビジネスで使われる英単語やフレーズを知っておくことが高得点を取るために重要なポイントとなりますよ。一方で、リスニングがリーディングと違うと言うところがあります。それは、スピーカーから流れる英文は1回しか読まれず、問題文には書かれていないということです。すべて自分の英語力に掛かってくるので、英語を聞いてそのまま理解できる力が大切です。

基本情報技術者の試験の対策の為に、教室を駅前などに開校している企業もあり、個人での勉強が苦手な方でも試験を受けやすいです。