2017年9月25日

You are here:  / 弁護士に頼めること、自分にあった弁護士の探し方など

弁護士に頼めること、自分にあった弁護士の探し方など

弁護士とはどのような時に相談するものか

弁護士とは法律のスペシャリストです。でも、弁護士に依頼するタイミングっていつがいいのか悩みますよね。1人では解決できない問題、第三者がいたほうがスムーズに解決する場合、法的手続きをするときに相談をしたいや、代理で法的手続きをしてもらいたいときなどに利用する人が多いです。だいたいのことは相談にのってくれますし、解決する道筋を教えてくれます。また、将来火種になりそうなことを予め相談しとくこで、未然に防いだりもしてくれます。

自分にあった弁護士を見つけよう

弁護士って物凄くいますよね。星の数ほどいる弁護士のうち、どの弁護士がいいのか伝手があれば話は別ですが、ない人は弁護士探しから始めなければいけません。弁護士との相性の問題もあります。まずは、相談したい内容を専門分野としている弁護士から探します。相談が有料な場合もありますが、無料相談をしてくれるところもあります。ホームページがしっかりしてくれるか、話をちゃんと聞いてくれるか、望むことを行ってくれるか、費用を明確に提示してくれるか、対応は迅速か、など行く前に注意する点を頭においてから面会したほうがよいです。

自分の目で見て確かめる

知人や友人から紹介されたからといって、必ずしも自分にとっても良い弁護士とは限りません。相談をしたら、その弁護士に決めなければいけないというルールもないので、何人かと会ってから依頼する弁護士を絞った方がいいです。初めて弁護士に依頼する方は尚更そうしたほうがいいと思います。依頼する弁護士の年齢も気にする人が大勢いるんですよね。若手弁護士、ベテラン弁護士、どちらとも利点があります。ベテラン弁護士には培ってきた経験や時間があります。知識が豊富で手慣れているのも利点ですね。若手弁護士の場合だと、新しい知識を持ち、フットワークも軽いです。新参者だからこそ、熱心に取り込んでくれます。

鹿児島の弁護士は借金などで困っている場合には無料の相談も実施しているので、困っている場合には利用してみると良いといえます。